【善玉菌を増やすサプリ】
腸内フローラを改善して悪玉菌を減らす!

善玉菌を増やすには、ビフィズス菌や乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維が有効です。

でも食事やヨーグルトで摂るのは大変・・・という方は、サプリメントがおすすめです。

サプリなら多くの腸活成分を安く、手軽に摂取できます。

理想的な腸内フローラ

私たちは食べ物を胃~小腸で消化・吸収し、大腸で便を作り、排出しています。

この腸の中には多くの腸内細菌が棲み着いていて、その数は1000兆個。

腸内細菌は細かく分類すると1000種類以上、棲んでいますが、大きく分けて3種類、
善玉菌、悪玉菌、日和見菌です。

善玉菌は「体に良い物質」を作ってくれる菌。
悪玉菌は「体に悪い物質」を作ってしまう菌です。

この腸内細菌のバランスを「腸内フローラ」といい、
健康な腸内フローラは「善玉2:悪玉1:日和見7」です。

腸内細菌は種類ごとに群れをなしています。この光景が「お花畑(flora)」に見えることから、腸内フローラと呼ばれています。

腸内フローラが乱れると

善玉菌:悪玉菌:日和見菌は、
「2:1:7」が理想です。

しかし現代人の食生活や生活スタイルではこのバランスを維持することが難しく、善玉菌と悪玉菌の数が逆転している場合が多いです。

そうなると、善玉菌と悪玉菌の優勢な方の味方をする日和見菌が悪玉菌として働くことになり、腸内環境は一気に悪くなってしまいます。

腸内フローラが乱れると、

  • 便臭、おなら、体臭、口臭がキツい
  • 便秘や下痢、便通が悪くなる
  • 肌荒れしやすい、ニキビが出る
  • 元気が出ない、疲れやすい
  • 太りやすい

などの症状が出やすく、また、

  • 老化の進行を早める
  • 病気にかかりやすい
  • アレルギーが起こりやすい

ことにもつながります。

善玉菌とは

善玉菌は「糖類」を「発酵」して分解する菌で、発酵することで作られる物質は、体にとって良い働きをします。

よく「発酵食品は体に良い」といわれますが、これは発酵で作られた物質を摂取できるから。

腸内で善玉菌が糖を発酵させることで、自分の腸内で有用物質を作り出すことができるのです。

善玉菌の種類には乳酸菌とビフィズス菌があります。ビフィズス菌は乳酸菌の一種ですが、この2つは分けて考えられることが多いですね。

というのも、善玉菌のほとんどはビフィズス菌で、その割合は99.9%。もはや善玉菌=ビフィズス菌といっても良いレベルです。

有産菌やビフィズス菌にもいろんな種類があり、生息する菌の種類は人によっても多少異なります。

善玉菌が作り出す物質は、菌のの種類によっても異なりますが、代表的なものに「短鎖脂肪酸」があります。

この短鎖脂肪酸は、悪玉菌が生息しにくい環境にする、脂肪の蓄積を抑えて燃焼を促すなど、他にもいろんな役割があります。

もちろん、短鎖脂肪酸以外にもビタミンB群や抗酸化物質、乳酸など有用な物質を作り出しますし、菌によって作ることができる物質は異なります。

また、善玉菌自体の「菌体」も、腸管を刺激して免疫細胞を活性化したり、腸のぜんどう運動を促して便通をよくするなど、役割を持っています。

悪玉菌とは

悪玉菌は食べたものに含まれるタンパク質を「腐敗」させることで分解し、体にとって良くない物質を作り出す菌です。

「腐った食べ物」を食べると、体に良くないですよね。
悪玉菌はその「腐った食べ物」を腸内で作り出す菌なのです。

腸内で腐敗が起こると、体にとって有害な物質が発生し、これを「毒素」といいます。

毒素は体中の至る所で細胞にダメージを与えて老化させたり、様々な病気の原因となります。
発がん性物質も含まれますので、癌の原因でもあります。

お肌にも肌荒れとして現れ、吹き出物も出やすくなります。

毒素には強烈なニオイを発するものが多く、便やおならのにおいが臭くなります。また、体内に吸収されて全身に廻り、体臭や口臭も臭くなります。

善玉菌が腸内を「悪玉菌が棲みづらい酸性」に傾けるのに対して、
悪玉菌は「自分たちが棲みやすいアルカリ性」に傾けます。

悪玉菌が増えるほど、より悪玉菌の棲みやすい腸内環境に変わってしまうのです。

日和見菌とは

日和見菌は腸内細菌の7割と、圧倒的に数が多い腸内細菌です。

日和見菌は善玉菌と悪玉菌の数が多い方の味方をする性質があります。

善玉菌が優勢な腸内フローラでは、多くの日和見菌が善玉菌として働くということです。

善玉菌と悪玉菌の生息数の争いは、より多くの日和見菌を味方に付けるための争いでもあります。

善玉菌を増やすサプリの成分

善玉菌を増やして悪玉菌を減らすサプリには、
大きく分けて2種類の成分があります。

  • 乳酸菌やビフィズス菌
  • 食物繊維やオリゴ糖

です。

乳酸菌やビフィズス菌

私たちの腸内にいる善玉菌の乳酸菌やビフィズス菌。

これを口から摂取することの意味は、
「菌を補充するため」と思われがちですが、実はそうではありません。

腸内の善玉菌は腸壁に棲んでいて、粘液の「内側」にいます。
外から入ってきた菌は粘液の内側には入れないので、その場に留まることができず、便と一緒に流れて、およそ一日で排出されます。

外部から侵入した菌は、腸の中で「定着」することができないのです。

腸内にいる1000兆個の腸内細菌の内、20%が善玉菌だとしたら、善玉菌は200兆個ということになりますね。

ヨーグルト1杯に含まれる乳酸菌はおよそ200億個。

仮に生きて腸まで届いて丸一日働いたとして、
善玉菌がわずか「0.1%」増えたことにしかなりません。

「意味・・・なくない?」

と思われるかもしれませんが、そうではありません。
そこに菌が何日も生きていたということは、そこで「発酵」が起こっていて、その大量の代謝産物がすでに作られている、ということです。

生きた菌を口から摂って腸内フローラの改善に活かすことを「プロバイオティクス」といいますが、その意味は近似対ではなく、その代謝産物を摂取することにあります。

ですので、「生菌」でも「死菌」でも効果にさほど変わりはありません。

しかも、乳酸菌やビフィズス菌にこだわる必要もなく、納豆や味噌などの発酵食品でも良いのです。

ただ、それでは買い揃える手間やお金が掛かりますし、何より、たくさん摂取することが難しいですよね。

そのため、少量で大量に菌とその代謝産物を摂取できるサプリメントが注目されています。

食物繊維やオリゴ糖

食物繊維やオリゴ糖は、善玉菌が食べる餌となります。

善玉菌はこれらを発酵させて有用物質を作り出すと同時に、仲間を増やしているのです。

善玉菌が餌として食べて発酵させるのは「炭水化物」です。

しかし炭水化物のほとんどは胃や小腸で消化され、吸収されるため、大腸までは届きません。

しかし、炭水化物の中でも食物繊維とオリゴ糖は、人体で消化できない炭水化物ですので、そのままの形で大腸まで届きます。

胃や小腸での消化吸収を逃れた食物繊維やオリゴ糖が、大腸で善玉菌による発酵を受けて、分解されるのです。

食物繊維には2種類あり、
「水溶性食物繊維」は水に溶ける食物繊維。食べ物に含まれる糖質を吸着して吸収を妨げるため、血糖値の上昇を抑えるとともに、肥満の防止に役立ちます。
「不溶性食物繊維」水を吸って膨らみ、満腹感を出したり、便通の改善にも役立ちます。

オリゴ糖には種類がたくさんあり、
消化されない難消化性のオリゴ糖と、
消化されにくい一部難消化性のものがあります。
サトウほどではありませんがほどよい甘みがあります。

これらも、食事で摂るとなると大変ですので、

おすすめの「善玉菌を増やすサプリ」

KOMBUCHA生サプリメント

2粒に
⦁ 999億個、23種類の乳酸菌
(H-61乳酸菌も含む)
⦁ 357種類の酵母・酵素
他12種類(オリゴ糖、サラシア、ガルシニアほか)

KOMBUCHA(コンブチャ)は、昆布茶のことではなく、お茶を発酵させたドリンクです。

23種類もの乳酸菌が配合されているので、多種多様な発酵代謝産物が含まれています。

酵素も、加熱処理した酵素ドリンクとは違い、低温乾燥させているので「活性」を保っています。

食物酵素は悪玉菌の餌となるタンパク質の消化を助けてくれるので、タンパク質の吸収率をアップさせるとともに、悪玉菌の餌を減らすことで悪玉菌を減らします。

さらに、善玉菌の餌となり善玉菌を増やす「オリゴ糖」も配合。

「サラシア」は糖を分解する酵素の働きを弱めることで、肥満の一番の原因である糖質の吸収をブロック。吸収されなかった糖は善玉菌の餌となり、善玉菌を増やすことにつながります。

他にも美容健康成分が多く配合されていますが、全体的には「ダイエット」寄りのサプリメントとなっています。

1袋30粒入り
初回980円
2回目~3970円